トップページ > IR情報 > 経営情報 > 対処すべき課題
印刷する

対処すべき課題

清涼飲料業界は、人口のピークアウトもあり成熟市場となっておりますが、飲料メーカー各社は消費の多様化や健康志向を踏まえた新製品の開発に取り組んでおり、勝ち残りをかけたシェア競争が続いております。
このような飲料メーカー各社の競争激化に伴い、当社が属する飲料受託製造業界の競争も厳しさが増しており、製造設備、製造技術、品質管理能力、物流上の優位性及び財務基盤等の優劣等で峻別される傾向も強まっております。
当社におきましては、成長戦略を支える経営基盤を強化するため、次の課題に取り組んでまいります。

(1) 人材の多様化・育成強化(海外や新規ビジネスでも活躍できるグローバル人材の育成等)
(2) 守りの徹底(品質向上の追求ならびにリスクマネジメント及び内部統制の更なる強化)
(3) 財務基盤の継続的拡充(成長戦略が生み出す旺盛な資金需要に対応するための資金調達の多様化による財務基盤の強化等)
(4) 情報システムの刷新(当社のビジネスモデルに応じた業務フローの再構築等)
(5) グループ会社経営の一層の推進(子会社、関連会社の経営支援、経営管理の強化等)